Gekkou no Carnevale:d0812.nps

From TLWiki
Jump to: navigation, search
//<continuation number="780">
<SYSTEM VERSION="$Revision: $">

///////////////////////////////////////////////////////////////////

<MARKER NAME="#D0812">

///////////////////////////////////////////////////////////////////
<INCLUDE SRC="frame.h">
<INCLUDE SRC="stand.h">



//□前ファイル	D0811.txt
//--------------------------------------------------
//[D0812]カルメロ車内・夜
//--------------------------------------------------
//□登場人物	シルヴィオ・カルメロ・ペルラ
//<A HREF="#jump" OPERATOR="">
//*****//<MARKER NAME="#jump">
//qup//


<box type="15">
<SE ID="1" SRC="SE_乗物_車_アストンマーチン_走行_ラフ走行" MODE="" time="0" LOOP="off">//
<clear><FRAME>
<BG_normal target="bg36120_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="left_1_0" TIME="20">

<box type="4">

 次々と飛び去る夜の道。<K>
 車は森を抜け、高速でカッキアーノの郊外を行く。

 カルメロの運転は常軌を逸したスピードだ。<K>
 しかし、危うさは感じさせない。

 研ぎ澄まされたカルメロの感覚。<K>
 彼の運転に追いつける男は、オルマ・ロッサに皆無だ。


<box type="15">
<BG_normal target="bg36110_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="right_1_0" TIME="10">
<box type="4">
 稜線に向けたなだらかな傾斜を、飛ぶように走る。

<SE ID="1" SRC="" MODE="fadeout" time="50" LOOP="off">//

<bgm src="DG14" mode="fadein" old="fadeout" time="50" loop="on">

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200010sy">
「どうして、助けに来た?」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200020km">
「兄貴ですから」

<box type="4">
 恥ずかしがることもなく、当然のようにカルメロは返答する。

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200030sy">
「ひとりで逃げられたはずだぞ」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200040km">
「バカ言わないで下さい。
 今更命くらい、惜しくないですよ」

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200050sy">
「お前、バカか」

<box type="4">
 カルメロに血を与えたのは、使い勝手が良かったから。

 ただそれだけだ。

 もしも自分が危機に陥れば、容赦なく切り捨てる。

 シルヴィオにとってはカルメロは――<K>彼だけではなく自分を取り巻く人狼のほとんど全てが、自分に利用される手駒にしか過ぎない。

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200060km">
「バカなのは、兄貴です」

//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200070km">
「そんなに自分を軽んじないでくださいよ。
 少なくともオレは、最後までついていきますから」

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200080sy">
「バカが」

<box type="4">
 もう一度吐き捨てる。

 既に、<R TEXT="ヴィーチェカーポ">副頭領</R>の地位はない。<K>
 彼を手懐けようにも、<R TEXT="ドゥローガ">麻薬</R>は手に入らない。

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200090sy">
「見返りなんてねぇぞ」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200100km">
「好きでやってることなんで、気にしないで下さい。大体、最初っからあいつらが気にくわなかったし」

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200110sy">
「それだけの理由で、助けに来たのか?」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200120km">
「ぎゃはははっ!
 なに、おかしなこと言ってるんですか?」

//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200130km">
「それだけあれば、充分ですよ!」

<box type="4">
 カルメロは吐き捨て、笑う。<K>
 その素振りは、いつものカルメロと全く変わらない。

 シルヴィオの怪我は酷かった。<K>
 胸の傷からは、未だ血が染み出している。

 だが、それほど気分が悪くはない。


<box type="15">
<BG_normal target="bg36120_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="left_1_0" TIME="10">
<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200140sy">
「――で、どこに向かってるんだ?」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200150km">
「どこに行けばいいですかね。
 とりあえず、遠ざかってみてるんですが」

//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200160km">
「いっそ、ベルモントにでも潜りますか?
 あそこなら、一応隠れ家がありますけど」

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200170sy">
「悪くないな。
 ――辿り着ければ」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200180km">
「ええ、そうですね」

<bgm src="" mode="fadeout" old="" time="50" loop="off">

<SE ID="1" SRC="SE_乗物_車_フィアット500_走行_加速" MODE="fadein" time="30" LOOP="off">//
<SE ID="0" SRC="SE_乗物_車_タルボットラゴ_走行_通常_L" MODE="fadein" time="50" LOOP="on" vol="70">//

<box type="15">
<BG_normal target="bg36110_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="right_1_0" TIME="10">
<box type="4">
 サイドミラーに映る車の影に、カルメロは苦笑する。

 夜更けの道を、限界を超えるような速度で走る小型車。<K>
 カルメロの運転に食らいつくよう、迫る。

 試しにわざと遠回りするよう急ハンドルを切る。

<box type="15">
<SE ID="1" SRC="" MODE="fadeout" time="10" LOOP="off">//
<SE ID="2" SRC="SE_乗物_車_フィアット500_走行_加速" MODE="fadein" time="10" LOOP="off">//pe
<clear><WIPE EFFECT="left_1_0" TIME="4">
<FRAME>
<BG_normal target="bg36120_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="left_1_0" TIME="10">
<box type="4">
 背後の車も慌てることなく後ろを追った。

 間違いない。<K>
 追われている。

 シルヴィオは重い身体を押して、背後を振り返った。

 記憶にない車。

 郊外で、ヘッドライト以外の灯りもろくにない。<K>
 運転席の人影は、はっきりと捉えれない。

<bgm src="DG05" mode="fadein" old="fadeout" time="50" loop="on">

 だが輪郭から見る限り、その姿は女――

<SE ID="0" SRC="" MODE="fadeout" time="20" LOOP="off">

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200190sy">
「振り切れるか?」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200200km">
「もちろん」


<SE ID="1" SRC="SE_乗物_車_アストンマーチン_走行_加速" MODE="" time="0" LOOP="off">//km

<box type="4">
 道は、山の峠にさしかかる。

<box type="15">
<clear><WIPE EFFECT="right_1_0" TIME="4">
<FRAME>
<BG_normal target="bg36110_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="right_1_0" TIME="10">
<box type="4">

 急な下り坂で、車は一層加速した。

 甲高いグリップ音が、山間に<R TEXT="こだま">谺</R>する。

//<QUAKE X="-10" Y="10" COUNT="3">
//<QUAKE X="-5" Y="5" COUNT="2">
<box type="4">
 車体が大きく尻を振った。<K>
 道をふさぐようなドリフトでカーブを下る。

<box type="15">
<BG_normal target="bg36120_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="left_1_0" TIME="10">
<box type="4">

 追いつけるはずのないライン。


 だが――


<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200210km">
「なんだそりゃ!」


<box type="4">
 背後から、先ほどの小型車が忍び寄る。

 下りとはいえ、基本的な車の性能が違うはずだ。<K>
 にもかかわらず、距離が取れない。

 まるでそこだけが、時の流れを速めたようにすら見える。





<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200220km">
「歯痒ぃぞ!」

<box type="4">
<SE ID="1" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_通過" MODE="" time="0" LOOP="off">
<SE ID="2" SRC="SE_乗物_車_衝撃_サイドミラー転がる" MODE="" time="0" LOOP="off">
 カルメロが叫んだ矢先、背後の車が消えた。

 ――いや、車が消えたのではない。<K>
 サイドミラーが、消えたのだ。

 鏡の残骸が砕け、高速で走り去るアスファルトに転がる。

 その代わり、視界を覆うのは銀の――

<SE ID="0" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_通過" MODE="" time="0" LOOP="off">
<clear>
<BACKGROUND SRC="ef/ef_懐中時計_downr_0_0">
<WIPE EFFECT="upl_0_0" TIME="6">

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200230km">
「懐中時計、だとぉ?」

<SE ID="0" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_刃出る" MODE="" time="0" LOOP="off">//
<clear>
<BACKGROUND SRC="ef/ef_懐中時計刃_downr_0_0">
<WIPE EFFECT="upl_0_0" TIME="6">

<SE ID="1" SRC="SE_戦闘_刃物鍔迫り弾く" MODE="" time="0" LOOP="off">//
<LAYER SRC="#FFFFFF" NUM="13" TRANSPARENT="100">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="0">
<clear><FRAME>
<BG_normal target="bg36120_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="6">

<QUAKE X="20" Y="20" COUNT="5">
<QUAKE X="10" Y="10" COUNT="3">

<box type="4">
 時計の淵から、鋭く尖る刃が生えた。

 鞭で打たれたように、鎖が激しく前後する。<K>
 刃が高速で回転する。


<SE ID="1" SRC="SE_乗物_車_アストンマーチン_走行_急カーブ" MODE="" time="0" LOOP="off">
<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200240km">
「ちぃっ!」

<clear><WIPE EFFECT="right_1_0" TIME="4"><FRAME>
<BG_normal target="bg36110_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="right_1_0" TIME="10">

//<QUAKE X="20" Y="10" COUNT="1">
//<QUAKE X="10" Y="5" COUNT="2">

<box type="4">
 カルメロは急ハンドルを切る。

 車体が滑り、助手席を襲う懐中時計を避ける。

//SE:ガラス
<box type="15">
<SE ID="1" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_投擲" MODE="" time="0" LOOP="off">
<LAYER SRC="ef/ef_懐中時計刃_downr_0_0" NUM="13" TRANSPARENT="100">
<WIPE EFFECT="upl_0_0" TIME="3">
<SE ID="1" SRC="SE_日常_建物_窓_ガラス_割れる_01" MODE="" time="0" LOOP="off">//
<LAYER SRC="ef/ef_火花_8_0" NUM="13" TRANSPARENT="100" REVERSE="on">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="0">
<LAYER SRC="" NUM="13">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="4">

<QUAKE X="0" Y="20" COUNT="3">
<QUAKE X="0" Y="10" COUNT="1">

<box type="4">
 フロントに擦れた刃の一片が、ガラスを穿つ。<K>
 火花を散らし、フレームが切り裂かれた。

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200250km">
「クソッ! 何だァ今のはッ?!
 こっちは聞いてねぇぞッ!」


<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200260sy">
「――<R TEXT="ルパーリヤ">鳥兜</R>か」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200270km">
「るぱーりや?」

<box type="4">
 カルメロが眉をひそめたその瞬間――



<box type="15">
<SE ID="1" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_回転" MODE="" time="0" LOOP="off">//
<LAYER SRC="ef/ef_懐中時計刃_upr_0_0" NUM="13" TRANSPARENT="100" REVERSE="on">
<WIPE EFFECT="upr_0_0" TIME="3">
<SE ID="2" SRC="SE_戦闘_刃物_ナイフ_ヒット_石床_01" MODE="" time="0" LOOP="off">//
<LAYER SRC="ef/ef_火花_4_0" NUM="13" TRANSPARENT="100" REVERSE="on">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="0">
<LAYER SRC="" NUM="13">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="4">

<QUAKE X="-20" Y="20" COUNT="3">
<QUAKE X="-10" Y="10" COUNT="1">

<box type="4">
 今度は逆から銀の弧が襲う。

 咄嗟にハンドルを切るが、避けきれない。


<box type="15">
<SE ID="1" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_回転" MODE="" time="0" LOOP="off">//
<LAYER SRC="ef/ef_懐中時計刃_downr_0_0" NUM="13" TRANSPARENT="100">
<WIPE EFFECT="upl_0_0" TIME="3">
<SE ID="2" SRC="SE_戦闘_刃物_ナイフ_ヒット_石床_01" MODE="" time="0" LOOP="off">//
<LAYER SRC="ef/ef_火花_8_0" NUM="13" TRANSPARENT="100" REVERSE="on">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="0">
<LAYER SRC="" NUM="13">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="4">

<QUAKE X="20" Y="20" COUNT="5" TIME="10">
<QUAKE X="10" Y="10" COUNT="3" TIME="10">

<box type="4">
 水中を行くウミヘビのように、長い鎖がうねる。<K>
 回転する刃の先端が、火花を散らしてドアに食らいつく。


<box type="15">
<SE ID="1" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_通過" MODE="" time="0" LOOP="off">//
<LAYER SRC="ef/ef_懐中時計刃_downr_0_0" NUM="13" TRANSPARENT="100" REVERSE="on">
<WIPE EFFECT="upr_0_0" TIME="3">
<SE ID="2" SRC="SE_戦闘_刃物_ナイフ_ヒット_石床_01" MODE="" time="0" LOOP="off">//
<LAYER SRC="ef/ef_火花_8_0" NUM="13" TRANSPARENT="100">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="0">
<LAYER SRC="" NUM="13">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="4">


<QUAKE X="-20" Y="20" COUNT="5" TIME="10">
<QUAKE X="-10" Y="10" COUNT="3" TIME="10">

<SE ID="1" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_刺さる_地面" MODE="" time="0" LOOP="off">
<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200280km">
「うぉうッ!!」




<box type="4">
<SE ID="1" SRC="SE_機械_自動人形_体_破壊_02" MODE="" time="0" LOOP="off">
 運転席側のドアが飛んだ。

<SE ID="2" SRC="SE_乗物_車_衝撃_ドア転がる" MODE="" time="0" LOOP="off">
 風が車内に飛び込む。<K>
 火花を散らし、剥ぎ取られたドアがアスファルトを転がる。


<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200290km">
「寒ッ!」

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200300sy">
「言ってる場合か?」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200310km">
「兄貴が乗ってるのに、乱暴な運転なんて――これが精一杯です!」

<box type="15">
<clear><WIPE EFFECT="left_1_0" TIME="4"><FRAME>
<BG_normal target="bg36120_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="left_1_0" TIME="10">
<box type="4">
 カルメロは、懸命にハンドルを捌く。

 だが一向に、距離は広がらない。

<box type="15">
<SE ID="0" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_通過" MODE="" time="0" LOOP="off">//
<LAYER SRC="ef/ef_懐中時計刃_downr_0_0" NUM="13" TRANSPARENT="100">
<WIPE EFFECT="upl_0_0" TIME="3">
<SE ID="1" SRC="SE_戦闘_体術_パンチ_ヒット_金属_軽_01" MODE="" time="0" LOOP="off">//
<LAYER SRC="ef/ef_火花_8_0" NUM="13" TRANSPARENT="100" REVERSE="on">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="0">
<LAYER SRC="" NUM="13">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="4">

<QUAKE X="20" Y="20" COUNT="5" TIME="10">
<QUAKE X="10" Y="10" COUNT="3" TIME="10">

<box type="4">
 懐中時計の攻撃は止まない。<K>
 被害は一気に拡大していく。


 フロントガラスがひび割れ、天井に亀裂が入る。<K>
 風が車内を吹き抜けた。


<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200320km">
「――むむう。安全運転はここまで、か」


<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200330sy">
「いいから、さっさと振り切りやがれ!」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200340km">
「サーイエッサー!!
 スーパーソニックニトロでゴー!!」

<bgm src="" mode="fadeout" old="" time="50" loop="off">

<box type="4">
 カルメロは吹き付ける暴風の中、ポケットに手を突っ込む。<K>
 鷲掴みにして、無造作に飲み込んだ。

<SE ID="1" SRC="SE_人体_動作_口_食べる_錠剤_01" MODE="" time="0" LOOP="off">
 ばりぼり、ごりがり、ばりぼり、ごりがり――

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200350km">
「ふ――っ、ふ――っ、ふ――っ!」

<box type="4">
 舌の上で粉々になるまで噛み砕き――
 舐め回すように味わい尽くす。

<SE ID="1" SRC="" MODE="fadeout" time="10" LOOP="off">
 一際大きな音を立て、喉仏が上下した。

<QUAKE X="0" Y="10" COUNT="1">
 ――直後。

<bgm src="DG10" mode="normal" old="fadeout" time="0" loop="on">

<QUAKE X="0" Y="40" COUNT="1" TIME="4">
<QUAKE X="0" Y="10" COUNT="2" TIME="4">
<QUAKE X="0" Y="5" COUNT="2" TIME="4">

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200360km">
「うひょ――――――ッ!!
 来た、来た来た来た来た来た来た――――ッ!!」

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200370sy">
「大丈夫かよ……?」


<box type="4">
 呆れ顔のシルヴィオを尻目に――

 カルメロの腕が電光石火で動き、消えた。

 ギアが細かく切り替えられる。<K>
 踏み抜くほどの勢いで脚が鳴る。

<SE ID="1" SRC="SE_乗物_車_アストンマーチン_走行_加速" MODE="" time="0" LOOP="off">
 下り坂にもかかわらず、アクセルは踏みっぱなし。<K>
 崖下に突っ込むような勢いで、車体が加速する。

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200380km">
「行くぜ! 行っちゃうぜ!
 世界の果てまで! うっひょー!!」

<box type="4">
 無論、後続との距離はみるみる広がる。<K>
 自殺行為にしか思えない速度。

<SE ID="1" SRC="SE_乗物_車_アストンマーチン_走行_急カーブ" MODE="" time="0" LOOP="off">
 そのまま、カーブに突っ込んだ。


<box type="15">
<clear><WIPE EFFECT="right_1_0" TIME="4"><FRAME>
<BG_normal target="bg36110_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="right_1_0" TIME="10">

<QUAKE X="0" Y="30" COUNT="3">
<QUAKE X="0" Y="15" COUNT="1">

<box type="4">
 車体が激しく上下する。<K>
 タイヤが焼ける匂い。

 前のタイヤがアスファルトを踏み外す。<K>
 背後で車の尻が火花を散らす。

 後輪が、浮いた。

<QUAKE X="0" Y="30" COUNT="3">
<QUAKE X="0" Y="15" COUNT="1">
<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200390sy">
「ぐあぁあ!」

<box type="4">
 ガードレールすら利用した、常識外れのコース取り。<K>
 人間には真似のできない、ギリギリのコースで抜け――

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200400km">
「アディオス涅槃! また会おう!」

<box type="4">
 カルメロのかけ声と共に、全身を加速が襲う。

 タイヤがはっきりアスファルトに接地。<K>
 シートに身体が押しつけられる。

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200410sy">
「――死ぬかと思った」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200420km">
「いやー、危なかったっスよ。オレの動物的勘がなければ、死んでましたね」

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200430sy">
「動物的勘――?」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200440km">
「さ、キリキリ次のカーブ行きますよ!
 捕まっててください!」

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200450sy">
「な、おいちょっと――」

//<SE ID="1" SRC="SE_乗物_車_アストンマーチン_走行_急カーブ" MODE="" time="0" LOOP="off">
<SE ID="1" SRC="SE_乗物_車_アストンマーチン_走行_ラフ走行" MODE="" time="0" LOOP="off">

<box type="15">
<clear><WIPE EFFECT="left_1_0" TIME="3"><FRAME>
<BG_normal target="bg36120_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="left_1_0" TIME="10">
<box type="4">
 シルヴィオの抗議も、吹き付ける暴風にかき消された。<K>
 カルメロは再び、谷底に突っ込むような勢いで車を飛ばす。

<QUAKE X="0" Y="40" COUNT="2">
<QUAKE X="0" Y="30" COUNT="1">

 九十九折りの下り坂に、車体が跳ねる。傾く。<K>
 塗装が剥げ、火花が舞い、硝子の欠片が降り注ぐ。



<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200460km">
「ひゃっほーう!
 なんか! 見えるぜッ!!
 色々! 見えてはいけないものが!!」

//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200470km">
「なんと! 全裸で踊る聖母様が!
 オレにコカ入りコーラを飲めと!」

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200480sy">
「正気に戻れ!」

<box type="4">
 シルヴィオは助手席で怒鳴る。<K>
 幾度となく見たあの世のヴィジョンが、脳裏に渦巻いていた。


<box type="15">
<clear><WIPE EFFECT="fade" TIME="10">

<SE ID="1" SRC="" MODE="fadeout" time="10" LOOP="off">
<wait time="5">
<wait time="5">
<wait time="5">
<FRAME>
<BG_normal target="bg36110_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="right_1_0" TIME="10">

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200490sy">
「引き離したみたいだな」

<box type="4">
 どれだけ正確な運転をしても、そもそも車体の性能が違う。<K>
 同じ条件で戦えば、負ける道理はなかった。

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200500km">
「へへ! 兄貴、どんなモンですか」

<box type="4">
 無邪気な笑顔を見せるカルメロ。

 背後から、轟音がする。<K>
 ガードレールを突き破る、谷底への落下音だ。

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200510sy">
「落ちたのか――」

<box type="4">
 追いかける小型車が、曲がりきれなかったのだろう。

 これで当面の危機が去った――<K>
 そう、シルヴィオが息をついた瞬間。

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200520km">
「――ありゃ、幻か?」

<box type="4">
 カルメロが、呆然と呟く。

<box type="15">
<clear><FRAME>
<BG_normal target="bg42100_2_空n">
<std_center stand="st/stペルラ_武器normal">
<WIPE EFFECT="up_0_0" TIME="10">
<box type="4">
 遙か前方――中空に、人影が浮いていた。


<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200530sy">
「――バカな」

<box type="4">
 シルヴィオも堪らず、自分の目を疑う。

 九十九折りになった山道――<K>
 ひとつ上から、飛び降りたのか。<K>

 彼女は銀の光に包まれて、宙を舞っていた。

 髪をゆらりと靡かせたまま――<K>
 刻を止めたように、中空に佇んでいる。

<box type="15">
<SE ID="1" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_投擲" MODE="" time="0" LOOP="off">//
<clear>
<BACKGROUND SRC="ef/ef_懐中時計_downr_0_0">
<WIPE EFFECT="upl_0_0" TIME="8">
<box type="4">

 その腕から、懐中時計が放たれる。

<box type="15">
<clear><FRAME>
<BG_normal target="bg36110_2_ヴェネツィア_山道n">
<SE ID="2" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_刺さる_地面" MODE="" time="0" LOOP="off">
<LAYER SRC="#FFFFFF" NUM="13" TRANSPARENT="100">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="0">
<LAYER SRC="" NUM="13">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="6">
<box type="4">
 鎖が甲高い音を響かせた。<K>
 時計盤から飛び出す刃が、車の屋根にしっかり食い込む。

<SE ID="1" SRC="SE_人体_動作_足_着地_車屋根" MODE="" time="0" LOOP="off">
<QUAKE X="0" Y="40" COUNT="3">
<QUAKE X="0" Y="20" COUNT="1">
<box type="4">
 直後、車上に激しい衝撃。<K>
 堰き止めていた流れを一気に放出したかのように、彼女の身体が落下した。

<SE ID="1" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_巻きつき" MODE="" time="0" LOOP="off">
<QUAKE X="0" Y="20" COUNT="3">
<QUAKE X="0" Y="10" COUNT="1">
 鎖が激しく巻き取られ、屋根に落下する。<K>
 車を上下に揺らす衝撃。



 ――それは、<R TEXT="ルパーリヤ">鳥兜</R>の仕業だ。


//『ev:ペルラ・車上】

<box type="15">
<clear>
<BACKGROUND SRC="ev/ev_D0812_ペルラ・車上">

<SE ID="1" SRC="SE_日常_建物_窓_ガラス_割れる_01" MODE="" time="0" LOOP="off">//
<LAYER SRC="#FFFFFF" NUM="13" TRANSPARENT="100">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="0">
<LAYER SRC="" NUM="13">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="6">

<box type="4">
 振り回される<R TEXT="サポネッタ">懐中時計</R>に、フロントガラスが割れた。

<SE ID="2" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_巻きつき_刺す_肉" MODE="" time="0" LOOP="off">
 ガラスの欠片が、暴風と共にふたりを襲う。<K>
 それに混じり、運転席に飛び込む銀の鎖。

<box type="5">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200540km">
「ぬおッ! イデぇっ!」


<box type="4">
 カルメロが悲鳴を上げる。<K>
 先端の懐中時計が、ハンドルを握る手を強かに打った。


 車が細かく蛇行する。<K>
 だが、車上から孤を描く鎖に、乱れはない。



<box type="15">
<SE ID="1" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_回転_肉切る" MODE="" time="0" LOOP="off">
<LAYER SRC="ef/ef_懐中時計刃_downr_0_0" NUM="13" TRANSPARENT="100">
<WIPE EFFECT="downr_1_0" TIME="3">
<LAYER SRC="#FFFFFF" NUM="13" TRANSPARENT="100">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="0">
<clear><FRAME>
<BG_normal target="bg36110_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="fade" TIME="6">
<box type="4">
 窓の隙から、懐中時計が飛び込む。



<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200550sy">
「がはッ!」

<box type="4">
 シルヴィオは咄嗟に素手で受け止める。

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200560sy">
「が――ぁ、く――」

<box type="5">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200570km">
「この野郎――ッ!!」

<SE ID="1" SRC="SE_乗物_車_アストンマーチン_走行_加速" MODE="" time="0" LOOP="off">
<box type="15">
<clear><WIPE EFFECT="left_1_0" TIME="4">
<FRAME>
<BG_normal target="bg36120_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="left_1_0" TIME="10">
<box type="4">
 全力でアクセルを踏み込む。<K>
 エンジンが、カルメロの怒りを乗せて唸る。


 一度はスピードを落とした車が、下り坂を再加速。<K>
 ヘアピンに曲がるカーブに、自殺紛いの速度で突っ込む。

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200580sy">
「な――おまえッ!
 それはいくら何でも――――!」

<box type="5">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200590km">
「あばよ――ッ!!」

<SE ID="1" SRC="SE_乗物_車_アストンマーチン_走行_急カーブ" MODE="" time="0" LOOP="off">
<box type="4">
 急ハンドル。タイヤの軋む音。<K>
<SE ID="2" SRC="SE_戦闘_刃物_槍_刺す" MODE="" time="0" LOOP="off">
 カルメロは手にした鉈を、足下に突きつける。

 柄にしがみつき、強烈な横からの慣性に耐える。

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200600sy">
「ぐ――ッ!」

<box type="15">
<clear><WIPE EFFECT="right_1_0" TIME="4">
<FRAME>
<BG_normal target="bg36110_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="right_1_0" TIME="10">
<box type="4">
 シルヴィオも、咄嗟に脚を踏ん張る。

 ガードレールがねじ曲がる感触。

 後輪が浮遊する。

 割れたフロントガラスの光景が、傾く。


<box type="5">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200610km">
「あ――マンマ」




<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200620sy">
「マンマじゃねぇッ!」



<box type="4">
 虚空に何か見てはいけないはずのものを見たカルメロ。<K>
 シルヴィオは、咄嗟にハンドルを奪う。


 タイヤの擦過音が戻る。

 一度は見えたあの世の光景が、後輪の彼方に消える。

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200630sy">
「――クソッ!
 オレを殺す気か?」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200640km">
「あ、いや、そういうわけじゃ――」

<box type="15">
<SE ID="0" SRC="SE_戦闘_その他_懐中時計_通過" MODE="" time="0" LOOP="off">

<LAYER SRC="ef/ef_鎖1_downr_0_0" NUM="13" TRANSPARENT="100">
<WIPE EFFECT="downr_1_0" TIME="4">
<LAYER SRC="" NUM="13">
<WIPE EFFECT="downr_1_0" TIME="4">
<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200650sy">
「く――ッ!」

<box type="15">
<clear>
<BACKGROUND SRC="ev/ev_D0812_ペルラ・車上">
<WIPE EFFECT="upr_0_0" TIME="8">
<box type="4">
 再び、投げ下ろされる鎖。


 捕まるもののない屋根の上――<K>
 急カーブを切られながら、鎖の持ち主は落ちない。


 このままでは、埒があかない。


 というか、いつカルメロの運転に殺されてもおかしくない。







<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200660sy">
「――カルメロ」

<box type="4">
 敵の狙いはひとつ。

 <R TEXT="ルパーリヤ">鳥兜</R>を信じていたわけではなかった。<K>
 こうも呆気なく裏切られると、いっそ清々しい。

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200670km">
「兄貴、もうちょっとだけ待ってくれよ!
 今すぐ、振り切って――」

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200680sy">
「いいから、両手を上げろ!」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200690km">
「ん――?」

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200700sy">
「いいから早くッ!
 ハンドルは、オレが持ってやる」

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200710km">
「あ、ああ」

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200720sy">
「恨むなよ」

<SE ID="1" SRC="SE_戦闘_体術_キック_ヒット_腹" MODE="" time="0" LOOP="off">
<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200730km">
「え? あ、あの――のぅわっ!!」

<box type="15">
<clear><WIPE EFFECT="left_1_0" TIME="4">
<FRAME>
<BG_normal target="bg36120_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="left_1_0" TIME="10">
<box type="4">


<QUAKE X="30" Y="0" COUNT="2">
<QUAKE X="10" Y="0" COUNT="1">
<box type="4">
 シルヴィオは運転席のカルメロを蹴りつけた。

 完全に油断していた。<K>
 前蹴りを受けて、カルメロの身体は大きく横に傾ぐ。

<SE ID="1" SRC="SE_乗物_車_アストンマーチン_走行_急カーブ" MODE="" time="0" LOOP="off">
 シルヴィオは、同時に大きくハンドルを切った。

<box type="15">
<SE ID="2" SRC="SE_人体_衝撃_転倒_吹っ飛び_転がる_石畳_男_02" MODE="" time="0" LOOP="off">
<clear><WIPE EFFECT="right_1_0" TIME="4"><FRAME>
<BG_normal target="bg36110_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="right_1_0" TIME="10">
<box type="4">
 運転席側のドアは、既に剥がれている。<K>
 カルメロの身体は呆気なく車から落下した。

<box type="1">
//【カルメロ】
<voice name="カルメロ" class="カルメロ" src="D08/1200740km">
「――んがっ!
 ――ひだっ!
 ――うごっ!」

<box type="15">
<BG_normal target="bg36120_2_ヴェネツィア_山道n">
<WIPE EFFECT="left_1_0" TIME="10">
<box type="4">
 不意打ちに、受け身をとることもままならない。<K>
 カルメロは高速で、傍らの崖下へ投げ出される。

 恩人を遙か後方に置き去りにする。<K>
 しかしシルヴィオは振り返らなかった。

<bgm src="" mode="fadeout" old="" time="50" loop="off">

<SE ID="1" SRC="SE_乗物_車_アストンマーチン_走行_急停止" MODE="" time="0" LOOP="off">
 そのまま、車を急停止させる。

<QUAKE X="20" Y="0" COUNT="3">
<QUAKE X="10" Y="0" COUNT="1">


<SE ID="2" SRC="SE_戦闘_刃物_鉈_落下_石床_01" MODE="" time="0" LOOP="off">
<box type="4">
 愛用のベスクを放り投げ、重い身体を引きずる。<K>
 歯を見せないまま、車から降りた。


<bgm src="DG17" mode="normal" old="fadeout" time="0" loop="on">

<box type="15">
<std_right stand="st/stペルラ_武器normal">
<rightwipe target="4">

<box type="4">
 闇夜に佇むのは、ひとりの女性。

 ただの人間が、あれほど巧みに銀器を操れるはずがない。<K>
 その瞳は、精巧に作られてはいるものの、恐らく<R TEXT="ジェンマ">瞳石</R>。

 腕に銀の懐中時計を絡ませ、彼女は無表情で訊いた。


<box type="2">
//【ペルラ】
<voice name="ペルラ" class="ペルラ" src="D08/1200750pe">
「<R TEXT="ルパーリヤ">鳥兜</R>に来て頂けますね」

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200760sy">
「嫌だと言ったら?」

<box type="2">
//【ペルラ】
<voice name="ペルラ" class="ペルラ" src="D08/1200770pe">
「あなたの脳が抉れます。輪切りと乱切り、どちらがよろしいですか?」

<box type="3">
//【シルヴィオ】
<voice name="シルヴィオ" class="シルヴィオ" src="D08/1200780sy">
「どっちも遠慮する」

<box type="4">
 立っているだけで、息が荒いのだ。<K>
 この体調で勝ち目がないことはわかっていた。

 <R TEXT="カーポ">頭領</R>から血だけではなく肉まで受け継いだ自分。<K>
 ヴァレンティーノのいない今、ピウスが狙うのも当然だ。

<SE ID="1" SRC="SE_日常_所持品_懐中時計_チェーン_鳴る" MODE="" time="0" LOOP="off">
 シルヴィオは両手を差し出し、銀の鎖に巻かれた。

<bgm src="" mode="fadeout" old="" time="50" loop="off">

//□ジャンプ	D0814.txt

<SE ID="1" SRC="" MODE="fadeout" time="10" LOOP="off">

<clear>
<WIPE EFFECT="fade" TIME="30">

<wait time="5">
<wait time="5">





<A HREF="D0814" OPERATOR="">