OreImo PSP:MGIM 0000.txt

From TLWiki
Jump to: navigation, search
 # Scene: if・兄と妹の事情編
<01B0> 深く深呼吸して、まずは桐乃が隠していた魔空間をまじまじと見る
<0200> DVDやらフィギュア、ゲームのパッケージに薄い冊子と、絵に描いたようなオタクグッズがてんこもりだ
<0280> 京介「ん……なんだ、こりゃ?」
<02C0> 京介「随分古いけど……アルバム、か?」
<0300> 大量のオタクグッズの中、隠すように置いてあった一冊のアルバムを手に取る
<0360> 他が美少女のアニメイラストだったりすると、こういうのって余計に目立つんだよな
<03C0> ……なんでこんなところにアルバムが?
<0400> さては桐乃のやつ、小さい頃の恥ずかしい写真を隠そうとして、こんなところに…………
<0470> 京介「くっくっくっ……」
<04A0> 容姿、頭脳共に完璧な妹サマと言えども、小さな子供のころなら……
<0500> おもらししてビービー泣いてる写真とか、あったりしちゃうんじゃねえの?
<0560> 京介「へっへっへ……」
<0590> 京介「高坂桐乃の弱味、握ったり!」
<05E0> …………一応、言っておく
<0610> 俺はクソ生意気な妹の弱味を知りたいだけであって、決して『おもらししちゃった桐乃』が見たいわけじゃねーぞ?
<0690> 良い子のみんなは、そこんとこ間違わないように!
<06F0> 京介「お次は……」
<0730> 京介「……なかなかねえな」
<0770> 京介「…………」
<07B0> なんか、あれだ……
<07E0> 妹の成長する姿をアルバムで見るっつーのは、いろいろと感慨深いもんがあるんだな……
<0850> 運動会で泣いてる桐乃……。旅行に行って、疲れて寝てる桐乃……。親父とお袋と一緒にピースしてる桐乃
<08D0> 写真の中の桐乃は、今とちっとも変らない様子でくるくると表情を変えていた
<0930> 認めるの《は癪だ: しゃく 》が……。小さい頃の桐乃はすげえ可愛いと思う。これ、マジ
<09A0> 兄バカと言われようが、そう思うんだから仕方ない
<09F0> いやいや、子供ってみんなそういうもんよ? 特に自分の身内ってなると、贔屓目で見ちゃうんだわ
<0A60> 京介「どうしてこのまま、成長してくれなかったのかねー」
<0AB0> 無邪気に微笑む我が妹に、自然と溜め息が零れる
<0AF0> 今のあいつを否定するわけじゃねーけど、もうちょっとさぁ……兄貴として敬って欲しいっつーか
<0B60> せめて人を他人扱いしたり、身内とも思わない目つきで睨むのはやめて欲しい
<0BC0> 京介「…………それにしても」
<0C00> ページを捲れども、捲れども──
<0C50> 京介「このアルバム……、見事に親父とお袋、桐乃しか写ってねえな」
<0CB0> そう、このアルバム。ものの見事に俺という存在が完全無視されていた
<0D10> 最初から最後まで桐乃。ところにより親父とお袋
<0D50> 息子兼、桐乃の兄の俺が写っているものは、一枚たりとも見つからなかった
<0DB0> まるで意図的に抜き取られたように──
<0DF0> 京介「ま、まあ、親父たちは桐乃贔屓だし!? 俺の写真が無くたってそんなこと……」
<0E60> 京介「別にそんなこと……。寂しいとか思ったり、しねえよ」
<0EC0> でも、こうして見てると……
<0EF0> どれもこれも、俺の記憶に無い写真ばっかだしなぁ……
<0F40> この旅行とかいつ行ったんだっけ? 全然思い出せねーけど……
<0F90> 京介「……………………」
<0FC0> 京介「あー、こうやって悩むのは性に合わん!」
<1000> 京介「……明日にでも、直接お袋に訊いてみっか」
<1050> 桐乃がこのアルバムを持ってたのは、自分しか写ってないからだろうし……
<10B0> きっとこのアルバムとは別に、『京介専用アルバム』が出てくるに違いねえ
<1220> それから、電話を終えた桐乃が戻って来たものの──
<1270> なぜかあいつは『今日はやっぱいい』と、自ら人生相談とやらを撤回した
<12D0> 結局、桐乃が俺に何を伝えようとしたのかは、わからないまま終わった
<1430> そして、翌朝──
<14F0> 京介「なあ、お袋。ちょっと訊きたいことがあるんだけど……サ」
<1540> 京介「俺の小さい頃の写真とかってねえの?」
<1600> 佳乃「なーに? 《藪:やぶ》から棒に」
<1640> 京介「別に大したことじゃないんだけど、気になったから訊いただけ」
<16B0> 佳乃「京介の写真は無いわよ」
<16E0> 京介「え、無いの? 一枚も?」
<1730> 佳乃「だってあんた、写真撮られたがらなかったじゃないの」
<1780> 京介「…………そうだっけ?」
<17C0> 佳乃「そうよー。カメラ向けると、いっつも逃げ出しちゃって!」
<1810> 京介「うーん?」
<1840> 言われてみりゃそうだったような気も……?
<1880> ……ダメだ。さっぱり覚えてねーや
<18D0> 佳乃「その点、桐乃は写りたがりだったから、いっぱい写真が残ってるけど──」
<1940> 佳乃「今になって考えてみると、モデルの素質があったってことなのかもねー」
<19A0> 京介「へーへー、親バカ親バカ」
<1AB0> お袋じゃ駄目だな。もっと真剣に話聞いてくれそうな……
<1B00> ……まあ、一人しか選択肢はないんですケド
<1C30> 京介「なあ、親父。俺の小さい頃ってどんなんだった?」
<1C90> 大介「何故、今それを訊くんだ?」
<1CD0> 京介「気になったから」
<1D10> 大介「至って普通の子供だ。ごくごく平凡で当たり障りの無い子だった」
<1D70> 京介「へー……」
<1DA0> さっぱりわからん
<1DD0> 京介「そうじゃなくて『よく笑う子だった』とか、『頭の回転が速い子』みたいなんはないの?」
<1E50> 大介「無い」
<1EA0> 即答!? さすがに心折れそう!!
<1EE0> 京介「あのさ、俺なんでか子供の頃のこと、よく覚えてなくて……」
<1F40> 京介「真面目にどういう感じだったのか、知りたいんだよね」
<1FB0> 大介「…………そうか」
<1FE0> 京介「『そうか』って、それだけ?」
<2030> 大介「気になるのか?」
<2060> 京介「気になるから知りたいんじゃねえか」
<20B0> なんだ? この、のれんに腕押し感
<20F0> まるで俺の出生の秘密を隠そうとしてるような……
<2140> ──って、なに言ってんだよ、俺! 出生の秘密とか、二次元かぶれしすぎだろ!?
<21A0> 俺はごくごく普通の男子校生だ。……そうだろ、高坂京介?
<21F0> 大介「…………ふぅ」
<2230> 大介「どちらにせよ、いつかは言おうと思っていたところだ」
<2280> 京介「……何の話だ?」
<22C0> 大介「おまえの話だ、京介。自分のことが訊きたいんだろう?」
<2310> 京介「あ、ああ……」
<2340> 大介「おまえは──」
<23D0> 親父から語られた話は、にわかに信じ難いものだった──
<2420> 京介「それじゃ、俺は親父とお袋の本当の子供じゃねえのか?」
<2520> 大介「…………そうだ」
<2550> 大介「おまえは母さんの兄弟方の子供だ」
<2590> 金づちで頭を殴られたような衝撃が全身を襲った
<25D0> 大介「──だが、訳あってうちで預かることになった」
<2620> 京介「なるほど、ね……」
<2650> 京介「それが俺の小さい頃の記憶が曖昧な理由?」
<26B0> 大介「……今日はここまでにしよう。いっぺんに知る必要は無い」
<2730> そう言って親父は、俺から顔を逸らした
<2770> 正直、助かったと思ったよ
<27A0> 『おまえはうちの子供じゃありません!』って、急に言われても現実感ねえし?
<2800> 色々事情があるんだろーけど、今説明されたところで理解できる自信もねえ
<2940> 佳乃「あなた……。京介に話したの?」
<2980> 大介「そろそろ頃合いだと思ったんだ」
<29C0> 佳乃「そう……」
<2A00> 佳乃「ねえ、京介。聞いてもらえる?」
<2A50> 佳乃「確かにあんたは実の子じゃない。だけど──」
<2AB0> 京介「言わなくてもわかってるよ」
<2AF0> 京介「お袋も親父も、俺を本当の子供だと思ってくれてる。………………そうなんだろ?」
<2B70> 佳乃「京介……」
<2BA0> 京介「そりゃ、ショックだよ? いきなりこの家の子じゃねえとか言われたらさ」
<2C00> 京介「今だって状況に整理ついてねえよ。ひょっとしたら夢なのかもって思ってる」
<2C60> 京介「それでも、二人が今まで俺を育ててくれたことには、なんの変わりもねーから……」
<2CD0> 京介「今日まで育ててもらったこと、すげえ感謝してる」
<2D30> 大介「……バカ息子が。『今日まで』じゃないだろう」
<2DA0> 大介「『これからもずっと』、おまえは俺たちの手の掛かる息子だ」
<2E00> 京介「…………おう!」
<2F40> まだすべてを理解して受け入れたわけじゃねえ
<2F80> それでも俺にとっての親父とお袋は、この二人しかいないんだよね
<2FD0> これがもっと小さい頃だったら、もうちょっと混乱してたかもしんねーけどさ
<3030> 今の俺は、こう思う
<3060> 今が幸せなら、それでいいやって!
<31A0> ──とは、思ったものの……
<31F0> 京介「あっちー……。麦茶麦茶っと……」
<3260> 京介「んっ、んっ、んっ……」
<3290> 京介「ぷはぁ……! やっぱ夏はこれだぜぇ……!」
<3360> 京介「あ……」
<3390> 桐乃「……なに?」
<33C0> 京介「いや、なんでもねえ」
<3400> 桐乃「あっそ。じゃ、死ねば?」
<3440> 京介「なんでだよ!? すること無かったら死ななきゃいけないの俺!?」
<34B0> 桐乃「自分に生きる価値があるとでも思ってるワケ?」
<3500> 京介「あー、はいはい。俺がココにいんのが悪いんだろ? ったく……!」
<3710> 京介「はああぁぁぁぁ……!」
<3740> 京介「いっずれええええぇぇぇぇ!」
<3780> 桐乃の毒舌はいつものことだ。今更部屋にのこのこ引き下がるようなもんじゃねえ
<37E0> それでも桐乃と二人っきりの空間が窮屈に思え、最近は出来る限り顔を合わさず済むよう、部屋に引きこもってたりする
<3860> いや、なにを迷うことがある? いつも通り、いつも通りにしてりゃいいんだ!
<38C0> 桐乃は俺のこと、一応兄貴だって思ってるんだし!
<39E0> 桐乃「あっそ。じゃ、死ねば?」
<3AD0> …………いや、思ってねえかも
<3B00> だとしても、だ
<3B30> たとえ兄貴扱いされなかろうが、血が繋がってなかろうが、あのクソナマイキ中学生は俺の妹
<3BA0> 今まで通りに接してりゃ、なーんの問題もありゃしねえ
<3BF0> ……頭ではわかってるんだ、コレが
<3C30> でも、突き詰めればあいつと俺の関係は、同じ家に住む赤の他人同士
<3CA0> 京介「はぁ……」
<3CD0> 一度考えてしまったことは、なかなか頭から離れずこびりついたままになった
<3EE0> 京介「は、はよ……」
<3F10> 桐乃「…………フン」
<3F40> 京介「…………はぁ」
<3F70> 今日も今日とて、俺と桐乃のやりとりはぎこちない
<3FC0> まあ、元から桐乃から俺への態度は、毛虫に接するようなもんだったし? 今までと大差ないって言やそれまでなんだけどよ
<4050> なんつーか……。今までとは違って俺の方が意識しちゃうんだよね
<4120> ちらりと横目で見る
<4150> 桐乃は椅子の上で足を組み、白い太腿を惜しげもなく晒すような格好をしていた
<41B0> この間までは、どうってことない日常風景だったものだ
<4200> しかし、見方一つが変わるだけでそれは、大変目のやり場に困るものになってるわけで
<4270> 赤の他人の太腿なんて見てられっかよ……
<42B0> 京介「なあ、桐乃。おまえのその格好……」
<42F0> 京介「ちょっと刺激が強いって言うか、その……」
<43C0> 桐乃「はぁ?」
<43F0> 桐乃「こんなの、今までだってしてたじゃん」
<4430> 京介「そう……だけどさ。あー、もういいや。わり……」
<44B0> これ以上、桐乃と話してもムダだ。俺が部屋に退散しちまえばいいことだし……
<4570> 桐乃「なんなのあんた。いきなりキモいんですけど?」
<45C0> 京介「ッ、るせー!」
<4740> 桐乃「……なんなの、ホント」
<47F0> 桐乃「…………死ねばいいのに」
<49B0> 京介「んー……もうこんな時間か」
<49F0> 京介「そろそろ風呂にでも行くか……」
<4B50> 京介「あー、ったく。毎日あっちーなぁ……っと!」
<4BB0> 桐乃「……!?」
<4BE0> 京介「きっ、桐乃ぉ!?」
<4C10> 京介「こ、これは違うんだ! 偶然……そう、偶然の産物!」
<4C60> 桐乃「へえ……」
<4C90> この、凄まじい無言の圧力……
<4CC0> ……もうおしまいだ……
<4D00> 桐乃「……いい」
<4D30> 京介「あ……?」
<4D60> 桐乃「べ、別に怒ってないから……」
<4DA0> 桐乃「今度から、気をつけて」
<4DD0> 京介「あ、ああ……。悪かった、次からは確認する……」
<4F70> な、なんだよ桐乃のやつ……。あんな女の子らしい反応しやがって……
<4FD0> いつもなら《罵詈雑言:ばりぞうごん》に加え、容赦無い右フックが飛んでもいい場面だったのに……
<5040> なんで俺もあいつもぎこちなくなってんだよ!?
<5080> あー、くそっ! もうよくわかんねえ……!
<51A0> 京介「……………………」
<51D0> 京介「あのー……」
<5200> 京介「つかぬことをお伺いしますが──」
<5240> 京介「なんで俺、おまえの部屋に呼ばれたの?」
<5360> 京介「もしかして、また人生相談ってやつ?」
<53A0> 桐乃「…………」
<53D0> 京介「なあ、黙ってないでなんか言えって」
<5430> 桐乃「あんた、最近おかしくない?」
<5470> おかしいよ。わけは言えねぇけどな
<54B0> でも、今日のおまえも……なんだかおかしいぞ
<54F0> 桐乃「絶対なんか隠してるでしょ。なに? 早く言って」
<5540> 京介「なんも隠してねーよ」
<5580> 桐乃「うそ」
<55A0> 京介「ウソじゃねえって」
<55E0> 桐乃「じゃあ、最近のあんたの態度……あれなに?」
<5630> 桐乃「あんた……あたしのこと避けてるでしょ」
<5670> 京介「い、いつものことだろ。妹のわがままに巻き込まれないよう、警戒してるんだよ」
<5760> 桐乃「違う」
<5780> 京介「な、なにが」
<5830> 桐乃「……うまく言えないけど、違うの!」
<5870> 京介「どう違うってんだよ?」
<5920> 桐乃「だ、だから……だから……」
<5970> 桐乃「よそよそしいっていうか……他人みたいっていうか……」
<59C0> 京介「それは……」
<5A70> 桐乃「なに!? 理由があんなら早く言ってよ! このままじゃ気持ち悪いの!」
<5AD0> 京介「………………」
<5B10> まあ……こいつには言っても平気か
<5B50> どうせいつか知られるんだし……
<5BA0> 京介「実は俺さ、おまえの本当の兄貴じゃねーんだわ」
<5C70> 京介「おまえは親父とお袋の子供だけど、俺はお袋の兄弟の子供なんだと」
<5CD0> 京介「だから血は繋がってねーし、ぶっちゃけ……その……赤の他人みたいな?」
<5DB0> 桐乃「ふーん、そうなんだ?」
<5DE0> リアクションうっす!!!!
<5E10> 京介「ここはもっと驚くところじゃねーの? 俺、おまえの兄ちゃんじゃないんだよ?」
<5E90> 桐乃「なんとなく……そんな気がしてたから」
<5ED0> 京介「……気付いてたのか?」
<5F00> 桐乃「昔のアルバムにあんたの写真だけなかったし」
<5F50> 京介「あー……」
<5F80> 京介「ひょっとしておまえ、それで昔のアルバム隠してたの?」
<6050> 桐乃「隠して……?」
<6090> 桐乃「……もしかしてあんた。あたしのコレクション漁った?」
<60E0> 京介「は……!? ち、ちが……! これには深い理由が……!」
<6130> 京介「決して桐乃の弱味を探ろうとしたとか、やましいことは一切思ってませんから!」
<61B0> 桐乃「……もういい」
<61E0> 京介「へ……?」
<6290> 桐乃「もういいって言ってんの。どっか行って!」
<62E0> 京介「あ、ああ……」
<6320> 気のせいかもしれないが──
<6350> 俯く桐乃の顔は、寂しそうに見えた
<6390> 京介「なあ、桐乃」
<6440> 桐乃「うるさい。もうなんも喋んな」
<6480> こいつ
<64A0> もしかしてアルバムを隠してたのも、俺がショックを受けると思ったからだったり?
<6500> …………まさか、なあ……
<6540> 桐乃「なにじろじろ見てんの?」
<6580> 京介「あのさ……一つだけ言いたいことがあって」
<6650> 桐乃「なら、早く言えば?」
<6680> 京介「血なんか繋がってなくたって、おまえは俺の妹だよ」
<6750> そう言って俺は、なんとなく桐乃の頭に手を伸ばした
<67A0> こうすればまた前みたいに、仲が悪いながらも兄妹らしい関係に戻れる気がした
<6810> 桐乃「…………っ」
<6840> 京介「わ、悪い……」
<6870> ──駄目だった
<68A0> 桐乃の驚いた顔を見たら、到底触れることなんてできなかった
<68F0> 京介「……じゃ、おやすみ」
<6AE0> 桐乃「…………」
<6B20> 桐乃「…………バカ」
<6BD0> 桐乃「──ってなに言ってんのあたし!?」
<6C90> 桐乃「あー……うー……!!」
<6CD0> 桐乃「ほんっと……いなくなっちゃえばいいのに……!」
<6EA0> 京介「……………………」
<6EE0> 京介「ン……んん……」
<6F20> ったく、誰だよこんな時間に……
<6F60> 夜中の1時……。起こす時間にしちゃ早すぎるっつーの
<6FB0> 京介「お袋か?」
<6FE0> 桐乃「……あたし」
<7010> 京介「…………桐乃?」
<7040> なんで桐乃がこんな時間に……?
<7080> 意味わかんねえ。けど、わざわざ起こすってことは何かあったんだろうな
<70E0> ともかく、話を聞いてみっか
<7110> 京介「待ってろ、今開ける」
<7140> 元から鍵掛かんない部屋なんだけど……ね
<7310> 京介「どうした? こんな夜遅くに……」
<7360> 桐乃「…………べつに」
<7390> 京介「『べつに』って……おまえなぁ」
<73D0> まさか桐乃ともあろう者が、『怖い夢見たから眠れないの~!』とは、言い出さないとは思うが……
<7450> 桐乃「……あんたが変なこと言うから悪い」
<7490> 京介「…………は?」
<74C0> 京介「いきなり何言ってんの、おまえ。寝ぼけてんなら自分のベッドで寝ろ」
<75A0> 桐乃「うるさい! あんたが、あんたが全部悪い!」
<75F0> 桐乃「本当の兄妹じゃないとか、血繋がってないとか……!」
<7650> 桐乃「そんなの聞いたら、あ……あんたがどっかに行っちゃうんじゃないかって……」
<76C0> 京介「心配……してくれたのか?」
<7780> 桐乃「…………一応」
<77B0> し、信じらんねえ……。あの桐乃が俺のこと、心配だぁ!?
<7800> 桐乃「あたしがあんたの心配しちゃ悪い?」
<7840> 京介「わ、悪いとは言ってねえだろ?」
<7890> 桐乃「あんたがいなくなったら……」
<78E0> 桐乃「これからは誰があたしのために、アキバの深夜販売に並んで新作ゲームを買ってくるわけ?」
<7950> 桐乃「誰があたしをコミケに連れてってくれるわけ?」
<79A0> 京介「…………それ、俺がやんの?」
<7A60> 桐乃「うっさい!」
<7A90> 京介「くっ」
<7AB0> 何か言い返してやろうと思ったが
<7B00> 桐乃「それでも、心配したの」
<7B30> こんな顔されたら、怒れるわけがない
<7B70> 京介「俺は……どこにも行かねーよ」
<7C30> 桐乃「そんなのわかんないじゃん。本当の親捜しに、勝手に出て行くとかするかも……」
<7CA0> 京介「……アニメや漫画の見過ぎだ」
<7CF0> 桐乃「だって、あたしだったら絶対気になるもん」
<7D40> 京介「おまえと俺は違う。落ち着けって」
<7E00> 桐乃「あたしは落ち着いてる……!」
<7E40> なんつー声出すんだよ、おまえ……
<7E80> どうやら桐乃はマジだ。真面目に俺がどっか行っちまうんじゃねえかって、ありえねえ妄想に取り憑かれちまってる
<7F80> 桐乃「ねえ、どこにも行かないって言うなら……」
<7FE0> 桐乃「今日だけ……。今日だけ、一緒に寝て」
<8020> 京介「えっとぉ……」
<8050> 京介「どういうことですか?」
<8100> 桐乃「っ、信じらんない! 今のを二度言わせる気!?」
<8160> 桐乃「一緒に寝てって言ってんの! つーか寝ろ! 拒否権とか無いから!」
<81C0> 京介「なんで頼みごとしながらキレてんだよ!」
<8200> 桐乃「ぐだぐだ言い訳すんな! たかが一緒に寝るだけじゃん!?」
<8260> 京介「だーかーらー! いきなり一緒に寝ろか言われても意味わかんね──」
<82C0> ──って、一緒に寝ろだぁ?
<8370> 桐乃「そ。一緒のベッドに入って、ぎゅってして寝るだけの簡単なお仕事」
<8510> 顔を真っ赤にした桐乃が、そっと寄り添ってくる
<8560> えっと……。なんですか、この生き物……?
<85A0> 肩とか震えてるし、めっちゃ緊張してんだな……
<85E0> …………可愛い
<8610> ──って、落ち着け俺! 桐乃は俺の妹だぞ! 兄を顎でコキつかうエキスパートだぞ!?
<8680> 京介「俺の妹がこんなに可愛いわけが──」
<86C0> 桐乃「べ、別にいいじゃん」
<86F0> 京介「あのな! 俺だって一応男だし……その……」
<87A0> 桐乃「……返事」
<87D0> 京介「え?」
<87F0> 桐乃「返事は? いいの? 悪いの?」
<8830> 京介「……おまえはいいのか?」
<8870> 桐乃「今更、なに言ってんの?」
<88B0> 桐乃「あの、さ」
<88E0> 桐乃「あんたのこと、これからは……京介って、呼ぶから」
<8930> 桐乃「もう、兄妹じゃ……ないんでしょ?」
<8C30> ──後日
<8CC0> 桐乃「ねえ、少しだけあたしの話……聞いてくれる?」
<8D10> 京介「なんだよ、改まって」
<8D40> 桐乃「いっ、いいから! …………黙って聞いて」
<8D90> 桐乃「あたしたちってこういう関係になるまで、家の中でも話すこと……無かったでしょ?」
<8E00> こういう関係になるまで話すこと……。ああ、桐乃のオタク趣味を知るまで……ってことか
<8E70> 桐乃「メルルのDVDがあたしのってバレたとき、もうダメだと思った」
<8ED0> 桐乃「絶対バカにされるし、気持ち悪いって嫌われると思った……」
<8F30> 桐乃「でも、違った。軽蔑しないって言ってくれた。オタクの趣味のこと、認めてくれた」
<8FA0> 桐乃「…………すっごく、嬉しかった」
<8FE0> 京介「桐乃?」
<9010> 桐乃「なに、その顔? あたしが感謝するの、そんなに変?」
<9060> 京介「い、いや……そうじゃなくて……」
<90A0> 京介「そういう風に言われる日が来ると思ってなかったから、ちょっと……意外っつーか、嬉しくて……」
<9120> 桐乃「……ばか」
<9150> 桐乃「話、続けるから」
<9180> 京介「ああ……」
<91B0> 桐乃「オタク趣味がバレたあと、あたしはあんたに人生相談した」
<9200> 桐乃「嫌そうな顔してたけど、それでも……あたしの悩み、ちゃんと聞いてくれた」
<9260> 京介「あのときはまだおまえの兄貴だったし、それが当然だと思ってたんだよ」
<9320> 桐乃「……そっか。兄貴として、か……」
<9360> 桐乃「だけど、それもあたしにとってはすごい嬉しいことだったの」
<93C0> 桐乃「あたしのこと、考えてくれてる。あたしのこと、わかってくれようとしてくれてる」
<9430> 桐乃「そう思ったら、止まらなかった。一回にするつもりだった人生相談も、一回じゃ済まなくなった」
<94B0> 桐乃「優しくしてくれるのが嬉しくて、今が夢なんじゃないかって思うくらい幸せだった」
<9520> 桐乃「どんな無茶言ったって、あたしの味方でいてくれたよね。あたしのこと、嫌いなのにさ……」
<9590> 京介「それは……おまえも、だろ?」
<95D0> 桐乃「あたしは……」
<9600> 桐乃「……あたしは違う」
<9630> 京介「え……?」
<9660> 桐乃「あたしは……違うの……」
<96A0> 桐乃「いままで隠してきたけど……もうだめ……だめなの……」
<96F0> 桐乃「あ、あたし……あたし、は……」
<9730> 桐乃「ずっと、ずっと、あんたのこと……好きだったの」
<9780> 桐乃「……言っとくけど、これはうそじゃないからね」
<9830> 桐乃「…………京介、大好き」
<9BD0> オプションに『ツーショット弾幕』が追加されました
<9C50> O.R.E.『裏の顔』は_『はじめから』を選択すると引き継いで使用できます