Hayamastory1-9.ks

From TLWiki
Jump to: navigation, search

Original file size: 4580 bytes

;--------------------------------------------------------------------
;	制服の王子様 スクリプト
;--------------------------------------------------------------------
; タイトル設定
@title name="制服の王子様 羽山編1-9"

; マクロ設定のサブルーチンをコール
@call storage=macro.ks

; 全部消す
@ct
@layopt layer=all page=back visible=false
@layopt layer=all page=fore visible=false


; 背景を指定
@image layer=base page=back storage=bg205.png visible=true

; メッセージレイヤ表示
@messagelayer

; トランジッション※クロスフェード(表へ出す)
@trans time=1000 method=crossfade rule=rule_around canskip=false vague=64

; デフォルトのフォントサイズを指定
@basefont


; 本文スタート

; BGMを1秒かけてフェードイン。※通常はこれ
@playbgm storage=bgm10.ogg loop=true


@first
@chara_n layer=0 storage=haya01 pos=center
@hayama
「よし。手当はこんなもんだな。待ってろ、送ってってやるから」

@pcm
@charaout
@noname
簡単に消毒してもらい、絆創膏を貼ってもらった。

@pcm
@noname
元々痛みはなかったから、大した傷じゃなかった。

@pcm
@chara_n layer=0 storage=haya01 pos=center
@player
「大丈夫だよ。正兄ちゃんは過保護すぎ」

@pcm
@hayama
「そうかぁ? …うん?」

@pcm
@chara_n layer=0 storage=haya04 pos=center
@player
「なに?」

@pcm
@hayama
「お前…なんかおかしくないか?」

@pcm
@charaout
@noname
正兄ちゃんが、怪訝な顔をしてわたしを見つめる。

@pcm
@noname
―まさか、体質のことがばれた…!?

@pcm
@chara_n layer=0 storage=haya04 pos=center
@hayama
「……熱あるだろ」

@pcm
@player
「えっ」

@pcm
@hayama
「無理すんなよ。体調が悪いなら、ちゃんと休め」

@pcm
@chara_n layer=0 storage=haya01 pos=center
@hayama
「季節の変わり目で、風邪が流行ってるみたいだから」

@pcm
@charaout
@noname
そういうことか、と安心する。

@pcm
@noname
まあ、こんな珍しい体質、バレるほうが難しいか…。

@pcm
@chara_n layer=0 storage=haya01 pos=center
@player
「でも、進級がかかってるし…」

@pcm
@chara_n layer=0 storage=haya06 pos=center
@hayama
「留年がなんだよ。体の方が大事だろ?」

@pcm
@player
「そういうわけにもいかないよ」

@pcm
@chara_n layer=0 storage=haya04 pos=center
@hayama
「その大学の教授とやらが無理させるんなら、俺からガツンと言ってやるから!」

@pcm
@player
「やめてよ、恥ずかしい! 体は大丈夫だから!」

@pcm
@charaout
@noname
心配してくれるのは、地味に嬉しかったりするけど…。

@pcm
@chara_n layer=0 storage=haya04 pos=center
@player
「正兄ちゃんって、時々わたしのお父さんよりもお父さんっぽくなるよね」

@pcm
@chara_n layer=0 storage=haya01 pos=center
@hayama
「そうか?」

@pcm
@player
「お父さんなんて、わたしが怪我したってヘラヘラしてるのに、
正兄ちゃんは見た途端早とちりして『許さん!』とか言って飛び出してっちゃった事、あったでしょ?」

@pcm
@chara_n layer=0 storage=haya04 pos=center
@hayama
「喧嘩はいいが、弱い者いじめは許さん」

@pcm
@player
「別に、教授はいじめてないよ。
逆にこうやってチャンスくれてるんだから、感謝しなくっちゃ」

@pcm
@chara_n layer=0 storage=haya06 pos=center
@hayama
「だからって体調不良を押してまでっていうのは」

@pcm
@player
「はいはい、分かったから。
わたしは大丈夫です。風邪なんて引いてません」

@pcm
@chara_n layer=0 storage=haya04 pos=center
@hayama
「…ならいいけどよ。気をつけて帰れよ?」

@pcm
@chara_n layer=0 storage=haya01 pos=center
@vibration time=1000
@quake time=1000 hmax=10 vmax=10
@noname
そう言って、またぐりぐりとわたしの頭を撫でる。

@pcm
@player
「はーい」

@pcm
@charaout
@noname
面倒見がいいのは正兄ちゃんのいい所。

@pcm
@noname
…けど、スキンシップが多くて
この体質にとってはけっこうな破壊力かも…。


; 暗転
@fadeout


;ノベル側を終了させる
@finish num=020109110
@s