Jamesstory1-2.ks

From TLWiki
Jump to: navigation, search

Original file size: 4452 bytes

;--------------------------------------------------------------------
;	制服の王子様 スクリプト
;--------------------------------------------------------------------
; タイトル設定
@title name="制服の王子様 ジェイムズ編1-2"

; マクロ設定のサブルーチンをコール
@call storage=macro.ks

; 全部消す
@ct
@layopt layer=all page=back visible=false
@layopt layer=all page=fore visible=false


; 背景を指定
@image layer=base page=back storage=bg017 visible=true

; メッセージレイヤ表示
@messagelayer

; トランジッション※クロスフェード(表へ出す)
@trans time=1000 method=crossfade rule=rule_around canskip=false vague=64

; デフォルトのフォントサイズを指定
@basefont


; 本文スタート

; 通常で再生※通常はこれ
@playbgm storage=bgm09 loop=true

@first
@player
「う~~疲れた…」


@pcm
@noname
友達に頼んで回ったけど、結局調査対象は見つからなかった。


@pcm
@player
「スーツが制服に入っちゃう時点でどうしようもないっていうか…」


@pcm
@noname
今日紹介されたのは、会社員、宅配業者、地下鉄の車掌さん、大工さん。


@pcm
@noname
…大工さんの作業着はセーフなのかな?どうなんだろう…?


@pcm
@noname
もうこの際、正兄ちゃんにお願いしようかな…。


@pcm
@noname
そんな事を考えながら何度目かのため息をつくと、


@pcm
@player
「きゃ!」

; 効果音を鳴らす
@playse storage=novel_012b buf=2 loop=false

; バイブレーション
@vibration time=1000
@quake time=1000 hmax=10 vmax=10


@pcm
@question
「っとぉ」


@pcm
@noname
正面から人にぶつかってしまった。


@pcm
@player
「す、すみま――」


@fadeoutbgm time=1000

@pcm
@noname
慌てて顔を上げると、目の前にいたのはスーツのオジサマだった。


@pcm
@player
「…!」

; 通常で再生※通常はこれ
@playbgm storage=bgm14 loop=true


@pcm
@noname
ぐらりと視界が揺れる。

; フラッシュ
@flash



@pcm
@salaryman
「んだぁお姉ちゃん、ごめんなさいも出来ないのー?」


@pcm
@player
「あ…」


@pcm
@noname
しかも、酔ってる。


@pcm
@noname
絡まれる前に謝ってしまおうと思うのに、息苦しくてうまく話せない。


@pcm
@salaryman
「聞こえないかぁ?」


@pcm
@noname
サラリーマンの手が伸びてくる。どうしよう、身体が動かない――。


@pcm
@player
「――っ!」


;場面切り替え(通常用※暗転後切り替え)
@pcm
@backlay
@layopt layer=all page=back visible=false
@image layer=base page=back storage=black
@trans time=700 method=crossfade canskip=false
@layopt layer=0 page=back visible=false
@image layer=base page=back storage=black visible=true
@trans time=700 method=crossfade canskip=false vague=64

@cm
@noname
ぎゅっと目をつぶり、身を固くする。


@pcm
@noname
――と、カツン!と何かがぶつかったような音がした。

; 効果音を鳴らす
@playse storage=novel_038 buf=2 loop=false


@pcm
@salaryman
「いで、いででで!」


@pcm
@noname
次いで、サラリーマンの声。


@pcm
@noname
……『いででで』?

;場面切り替え(通常用※暗転後切り替え)
@pcm
@backlay
@layopt layer=all page=back visible=false
@image layer=base page=back storage=black
@trans time=700 method=crossfade canskip=false
@layopt layer=0 page=back visible=false
@image layer=base page=back storage=bg017 visible=true
@trans time=700 method=crossfade canskip=false vague=64


@pcm
@player
「…」


@pcm
@noname
そっと、目を開ける。


@pcm
@noname
わたしの眼の前で、サラリーマンが誰かに腕を掴まれて呻いていた。


@pcm
@player
「あなたは……」


@pcm
@chara_n layer=0 storage=james01a pos=center
@noname
サラリーマンの腕を捻り上げていたのは、


@pcm
@noname
いつか和菓子屋に案内した、あの軍人さんだった。



; 暗転
@fadeout

@pstory num=ps0501020 storage=jamesstory_gacha1-1.ks


;ノベル側を終了させる
@finish num=050102110
@s