Matsumotostory1-2.ks

From TLWiki
Jump to: navigation, search

Original file size: 4348 bytes

;--------------------------------------------------------------------
;	制服の王子様 スクリプト
;--------------------------------------------------------------------
; タイトル設定
@title name="制服の王子様 松本編1-2"

; マクロ設定のサブルーチンをコール
@call storage=macro.ks

; 全部消す
@ct
@layopt layer=all page=back visible=false
@layopt layer=all page=fore visible=false


; 背景を指定
@image layer=base page=back storage=bg302 visible=true

; メッセージレイヤ表示
@messagelayer

; トランジッション※クロスフェード(表へ出す)
@trans time=1000 method=crossfade rule=rule_around canskip=false vague=64

; デフォルトのフォントサイズを指定
@basefont


; 本文スタート

; BGMを1秒かけてフェードイン。※通常はこれ
@playbgm time=1000 storage=bgm06.ogg loop=true


@first
@chara_n layer=0 storage=matsu15 pos=center
@playse storage=m01_011 buf=1 loop=false
@ws canskip=true
@matsu
「はい、異常なし。熱出た時のためにお薬出しときますか」




@pcm
@stopse buf=1
@noname
検診が終わり、さらさらとカルテを書きながら先生が言った。



@pcm
@playse storage=m01_012 buf=1 loop=false
@ws canskip=tru
@matsu
「まぁわかってると思うけど、なるべく症状が出そうな人には近寄らないでね」



@pcm
@stopse buf=1
@player
「先生!!」



@pcm
@chara_n layer=0 storage=matsu18 pos=center
@playse storage=m01_013 buf=1 loop=false
@ws canskip=true
@matsu
「?!」



@pcm
@stopse buf=1
@noname
わたしが急に大きな声を出したので、先生は目を丸くしている。



@pcm
@player
「実は、課題に協力していただきたく…!」



@pcm
@playse storage=m01_014 buf=1 loop=false
@ws canskip=true
@matsu
「……はあ?」



@pcm
@stopse buf=1
@charaout
@noname
先生に、留年の危機に陥ったこと、課題のことを説明する。



@pcm
@chara_n layer=0 storage=matsu19 pos=center
@player
「…という訳で、」



@pcm
@player
「働くオジサマを取材しないとわたしは留年してしまうんです」



@pcm
@player
「なのでオジサマに近寄らないわけにはいかなくて…」



@pcm
@player
「その点、先生の傍なら何かあっても安心ですし!」



@pcm
@chara_n layer=0 storage=matsu21 pos=center
@playse storage=m01_015 buf=1 loop=false
@ws canskip=true
@matsu
「…はあ」



@pcm
@stopse buf=1
@player
「お仕事に支障のない範囲でやらせて頂きますので!」



@pcm
@player
「ご協力お願いします!」



@pcm
@charaout
@noname
…我ながら勝手なことを言ってるってわかってるけど、



@pcm
@noname
今更引くわけにもいかない。



@pcm
@noname
わたしは深々と頭を下げた。



@pcm
@chara_n layer=0 storage=matsu21 pos=center
@playse storage=m01_016 buf=1 loop=false
@ws canskip=true
@matsu
「そうねぇ…」



@pcm
@stopse buf=1
@player
「もう先生しか頼る人がいないんです」




@pcm
@playse storage=m01_017 buf=1 loop=false
@ws canskip=true
@matsu
「う~ん…あっ!」


@pcm
@stopse buf=1
@chara_n layer=0 storage=matsu18 pos=center
@noname
気のない返事をしていた先生が、突然声を上げた。



@pcm
@chara_n layer=0 storage=matsu16 pos=center
@playse storage=m01_018 buf=1 loop=false
@ws canskip=true
@matsu
「じゃあ、俺の言うことも聞いてくれるならいいよ」



@pcm
@stopse buf=1
@player
「えっ?」



@pcm
@chara_n layer=0 storage=matsu15 pos=center
@playse storage=m01_019 buf=1 loop=false
@ws canskip=true
@matsu
「こっち。ついてきて」



@pcm
@stopse buf=1
@charaout
@noname
椅子から立ち上がり、先生は診察室から出て行った。

@playse storage=novel_023.ogg buf=2 loop=false

@pcm
@noname
…先生の言うことを聞くって、なんだろう…。




@pcm
@noname
ついていっても大丈夫だよね…?


; 暗転
@fadeout


;ノベル側を終了させる
@finish num=030102110
@s