Matsumotostory1-7.ks

From TLWiki
Jump to: navigation, search

Original file size: 3973 bytes

;--------------------------------------------------------------------
;	制服の王子様 スクリプト
;--------------------------------------------------------------------
; タイトル設定
@title name="制服の王子様 松本編1-7"

; マクロ設定のサブルーチンをコール
@call storage=macro.ks

; 全部消す
@ct
@layopt layer=all page=back visible=false
@layopt layer=all page=fore visible=false


; 背景を指定
@image layer=base page=back storage=bg312 visible=true

; メッセージレイヤ表示
@messagelayer

; トランジッション※クロスフェード(表へ出す)
@trans time=1000 method=crossfade rule=rule_around canskip=false vague=64

; デフォルトのフォントサイズを指定
@basefont


; 本文スタート

; BGMを1秒かけてフェードイン。※通常はこれ
@playbgm time=1000 storage=bgm06.ogg loop=true


@first
@noname
うーん、この飄々とした態度。



@pcm
@noname
課題も、一筋縄じゃいかなさそうだなぁ…。



@pcm
@noname
…あ!そうだ、課題!



@pcm
@player
「先生!レポートの為にお話聞かせて欲しいんですけどっ」



@pcm
@chara_n layer=0 storage=matsu19 pos=center
@matsu
「見ての通り満員御礼。そんな余裕なし」



@pcm
@noname
きっぱりと断られてしまう。



@pcm
@player
「…ですよねー」



@pcm
@charaout
@noname
せっかく朝早く来たのにな…。



@pcm
@noname
とりあえず資料整理しながら、先生の手が空くのを待ちますか…。



@pcm
@grandmother
「若せんせ、このお嬢ちゃんは?」



@pcm
@chara_n layer=0 storage=matsu15 pos=center
@matsu
「あー、
@emb exp="sf.lname"
さんとこの娘さん。ほら、あのパン屋の先の」



@pcm
@noname
先生がそう言うと、お年寄り達はわっと沸き立った。




@pcm
@charaout
@grandfather
「あああ!おーきくなったねぇぇ」



@pcm
@grandmother
「まぁ、すっかり綺麗なお嬢さんじゃないのー」


@pcm
@grandfather
「ホラ、ここ座んなさい、ここ」



@pcm
@player
「えっ?は、はい」




@pcm
@noname
ぐいぐい腕を引っ張られて、




@pcm
@noname
いつの間にか輪の中心に座らされてしまった。



@pcm
@grandfather
「あなたはどこが悪くて通院してるのかね?」



@pcm
@player
「いえ、通院してるんじゃなくて、学校の課題で先生にお世話に…」



@pcm
@player
「あ、通院もしてるんですけど…」



@pcm
@grandmother
「まぁ学生さん?お医者さんになるの?すごいわねぇ~」



@pcm
@player
「それが全然関係なくてですね…」



@pcm
@grandfather
「そいじゃあ獣医さんかね?そうだ、飴があるぞ。ほら、お食べなさい」



@pcm
@player
「わ、ありがとうございます」



@pcm
@grandmother
「これもお食べなさい。若い子はたくさん食べないとねぇ」



@pcm
@noname
これも、これもとたくさんお菓子が集まってくる。



@pcm
@noname
わぁいこんなにお菓子が!嬉しいなー!



@pcm
@noname
…って、違う違う!



@pcm
@noname
課題も資料整理もあるのに、こんな事をしてる場合じゃない!



@pcm
@chara_n layer=0 storage=matsu17 pos=center
@matsu
「…ふうん」



@pcm
@noname
ふと視線を感じて振り返ると、先生が満足そうにこっちを見ていた。



@pcm
@charaout
@noname
ここでおとなしくしてろってことかな…?



@pcm
@noname
うう…課題やりたかったのに…!



; 暗転
@fadeout


;ノベル側を終了させる
@finish num=030107110
@s