Saekistory1-7.ks

From TLWiki
Jump to: navigation, search

Original file size: 4229 bytes

;--------------------------------------------------------------------
;	制服の王子様 スクリプト
;--------------------------------------------------------------------
; タイトル設定
@title name="制服の王子様 佐伯編1-7"

; マクロ設定のサブルーチンをコール
@call storage=macro.ks

; 全部消す
@ct
@layopt layer=all page=back visible=false
@layopt layer=all page=fore visible=false


; 背景を指定
@image layer=base page=back storage=bg402 visible=true

; メッセージレイヤ表示
@messagelayer

; トランジッション※クロスフェード(表へ出す)
@trans time=1000 method=crossfade rule=rule_around canskip=false vague=64

; デフォルトのフォントサイズを指定
@basefont


; 本文スタート

; BGMを1秒かけてフェードイン。※通常はこれ
@playbgm time=1000 storage=bgm07 loop=true


@first
@noname
佐伯さんと2人で、エレベーターを待つ。

@pcm
@chara_n layer=0 storage=saeki01 pos=center
@saeki
「この会社は、チラシやポスターの印刷を主に手がけてます」

@pcm
@saeki
「広告代理店から個人店舗まで幅広く受注してるんですよ」

@pcm
@player
「チラシとポスターですか」

@pcm
@charaout
@noname
チラシって…スーパーのとか?

@pcm
@noname
ピンとこなくて首をかしげていると、佐伯さんがくすりと笑って補足してくれる。

@pcm
@chara_n layer=0 storage=saeki02 pos=center
@saeki
「クリスマスとか季節やイベントに応じて、ポスターが貼られたりするのを見ませんか?」

@pcm
@saeki
「例えば、ほら」

@pcm
@charaout
@noname
佐伯さんが指した壁には、ポスターが数点額に入って飾ってある。

@pcm
@player
「あれが、そうなんですか?」

@pcm
@chara_n layer=0 storage=saeki01 pos=center
@saeki
「ええ、そうですよ。すべてうちでデザインして、印刷したものです」

@pcm
@player
「ええー、これ見たことあります!すごい!」

@pcm
@charaout
@noname
最近出来たばかりのショッピングモールのポスターもある。
駅で目にしたことがあるものだ。

@pcm
@noname
身近なものが作られてる会社にいるなんて…と、だんだん緊張よりワクワクが強くなってくる。

@pcm
@chara_n layer=0 storage=saeki02 pos=center
@saeki
「ありがとうございます。印刷だけの仕事ももちろん請け負っているんですが…」

@pcm
@chara_n layer=0 storage=saeki01 pos=center
@saeki
「ああ、エレベーターが来ましたね」

@pcm
@charaout
@player
「わ!」

; 効果音を鳴らす
@playse storage=novel_033 buf=2 loop=false

@pcm
@noname
思わず声が出てしまった。

@pcm
@noname
エレベーターの扉が開いて降りてきたのは、佐伯さんより少し背が高い男性。

@pcm
@noname
グレーのスーツをキッチリ着こなしていて、渋い感じの…オジサマだった。

@pcm
@noname
不意打ちの登場に、くらくらと強いめまいが起こる。

; フラッシュ2回
@flash2


@pcm
@noname
落ち着かせようと胸に手を当てて深呼吸するけど、

@pcm
@noname
手を当てた心臓はバクバクと早鐘を打っていて…。

@pcm
@chara_s layer=0 storage=saeki03s pos=center
@saeki
「どうかしましたか?」

@pcm
@player
「っ!」

; バイブレーション
@vibration time=1000
@quake time=1000 hmax=10 vmax=10

@pcm
@noname
し、至近距離に佐伯さんの顔が…!

@pcm
@noname
顔を覗き込まれて、心臓の音が一層大きくなる。

@pcm
@charaout
@player
「……いえ、緊張してしまって…」

@pcm
@chara_n layer=0 storage=saeki01 pos=center
@saeki
「おじさんばかりですからね。はじめは緊張してしまうかもしれませんね」

@pcm
@noname
おじさんばかり…か。大丈夫かな…。


; 暗転
@fadeout


;ノベル側を終了させる
@finish num=040107110
@s