Tachiharastory gacha1-4.ks

From TLWiki
Jump to: navigation, search

Original file size: 3841 bytes

;--------------------------------------------------------------------
;	制服の王子様 スクリプト
;--------------------------------------------------------------------
; タイトル設定
@title name="制服の王子様 立原編gacha4"

; マクロ設定のサブルーチンをコール
@call storage=macro.ks

; 全部消す
@ct
@layopt layer=all page=back visible=false
@layopt layer=all page=fore visible=false


; 背景を指定
@image layer=base page=back storage=bg102 visible=true

; メッセージレイヤ表示
@messagelayer

; トランジッション※クロスフェード(表へ出す)
@trans time=1000 method=crossfade rule=rule_around canskip=false vague=64

; デフォルトのフォントサイズを指定
@basefont


; 本文スタート

; BGMを1秒かけてフェードイン。※通常はこれ
@playbgm storage=bgm10 loop=true

; 効果音を鳴らす
@playse storage=novel_014 buf=2 loop=false

@first
@chara_n layer=0 storage=saeki02 pos=center
@saeki
「それじゃあ、今日はごちそうさまでした」


@pcm
@chara_n layer=0 storage=tachi02 pos=center
@playse storage=t01_059 buf=1 loop=false
@ws canskip=true
@shima
「有難うございました。またのお越しをお待ちしていますよ、佐伯様」


@pcm
@stopse buf=1
@playse storage=t01_060 buf=1 loop=false
@ws canskip=true
@shima
「もちろん、姫もね。とは言え、次お会いする時は同業者として、ですが」


@pcm
@stopse buf=1
@charaout
@noname
うう…何だが笑顔が怖いです…。露骨に迷惑がられてる気が…。


@pcm
@noname
そんな心の声を見透かしたようなタイミングで、わたしの耳元に立原さんが唇を寄せた。


@pcm
@chara_s layer=0 storage=tachi01s pos=center
@player
「ち……近いですっ……」


@pcm
@playse storage=t01_061 buf=1 loop=false
@ws canskip=true
@shima
「何を…。耳打ちくらいでそんな事言うてて、俺と同じ職場におられるんか?」


@pcm
@stopse buf=1
@player
「っ……」


@pcm
@chara_s layer=0 storage=tachi02s pos=center
@playse storage=t01_062 buf=1 loop=false
@ws canskip=true
@shima
「まあ、くれぐれも俺の足引っ張らんように…せいぜい頑張りや」


@pcm
@stopse buf=1
@charaout
@noname
むっ……むっかっつっくぅ~っ。


@pcm
@chara_n layer=0 storage=saeki01 pos=center
@saeki
「? どうかしましたか? 
@emb exp="sf.fname"
さん。また、顔が赤いような…」


@pcm
@player
「なんでもありませんっ」


@pcm
@chara_n layer=0 storage=saeki03 pos=center
@saeki
「?」


;場面切り替え(通常用※暗転後切り替え)
@pcm
@backlay
@layopt layer=all page=back visible=false
@image layer=base page=back storage=black
@trans time=700 method=crossfade canskip=false
@layopt layer=0 page=back visible=false
@image layer=base page=back storage=tachips14.png visible=true
@trans time=700 method=crossfade canskip=false vague=64


@pcm
@player
「帰りましょう、佐伯さん! 一刻も早く!」


@pcm
@charaout
@saeki
「え…あ、はい。それじゃあ立原くん、また」


@pcm
@playse storage=t01_063 buf=1 loop=false
@ws canskip=true
@shima
「ええ、お気を付けて。お連れ様も」


@pcm
@stopse buf=1
@noname
それはもう、クレームのつけようがない完璧なまでの営業用スマイルだった。


@pcm
@noname
この顔が仮面だと知ってしまった今もなお、


@pcm
@noname
耳元に残る吐息の温度に、ドキドキしている自分が嫌だ!


; 暗転
@fadeout


;ノベル側を終了させる
@finish num=010108120
@s